シニアのためのアルバイト情報局

アルバイトで活躍するシニアが急増中!

シニアアルバイトに集まる企業からの熱い視線

企業からの熱い視線

正規雇用の人材だけでは回らない現場では、アルバイトの需要が増しています。しかしアルバイトが出来る若者の人数は限られており、今後減少していく傾向にあります。少ないフリーターや学生アルバイトに長時間労働をさせる、「ブラックアルバイト」が増えている原因のひとつでもあります。そんな中で今、シニア層をアルバイトとして採用する事に目を向けている企業が増えています。


社会常識が身についている

社会で働く時に必要な社会常識というものがあります。例えば「挨拶をする」「人の目を見て話す」「遅刻をしない」「清潔感のある身だしなみをする」などの基本的な事です。しかしこのような事が常識だと知らない若者は多く、一から教育していかないと使い物にならない事は少なくありません。また休日を取る時にも事前に連絡を入れて調整をするなどの事は社会人経験者には常識的な事ですが、若者の場合は急にドタキャンしてしまう事があります。この事から若者を採用する事は教育コストがかかり、意外とリスクが多い事がわかります。
しかしシニアの場合は社会人経験が豊富ですので、社会常識の面に関してはいまさら言う必要がありません。仕事内容のみの説明と教育で済みます。即戦力という意味でシニアを採用したい職場は増えています。

企業からの熱い視線

穴を埋めてくれる存在

アルバイトのシフトを組んでいく時に、穴が空きやすいのが早朝の時間帯や午前中です。若者は夜型生活の人が多いため、深夜まではアルバイトを探しやすいのですが、早朝は特に探すのが困難です。そんな中、シニアのほとんどが朝方であるという事にも企業は注目しています。シニアを採用する事によりシフトの穴を埋める事ができるからです。早朝のみの短時間という働き方についてはシニア側も歓迎する傾向があるため、お互いにとってメリットが大きいようです。また比較的に時間が自由に取れるシニア層は、若者の急な休みの穴を埋めてもらうための助け舟にもなります。短時間でフレキシブルに働けるシニアの需要はこの点からも高まっています。

職場が良い雰囲気になっていく

シニアを採用すると、その職場の雰囲気が良くなる傾向があり、その点も企業に注目されています。若者は年上の指導者に強く言われると反発したり、意気消沈してしまいます。これは親が叱った時の子どもの反応に近いと思われます。その点、シニアにとって若者のアルバイトは孫のようなものですので、優しく指導をする事ができます。そして若者もおじいさんおばあさんの言う事には素直に従う傾向があり、反発をしたり、過剰に意気消沈する事もないようです。また正社員とアルバイトの間の緩衝材にもなる事ができるので、職場の雰囲気が柔らかくなります。職場の雰囲気が良くなると若者のアルバイトの離職率も下がり、シニアを採用する事でシフトが崩れにくくなり一石二鳥です。

主婦にも役に立つ情報

簡単!求人検索
簡単!求人検索

シニア世代の方が仕事探しをしようと思うとハローワークに並ぶイメージがあるかもしれません。しかし最近は求人サイトを利用して、簡単に求人検索をする事が可能です。職種やこだわり条件、沿線別などの検索条件を入れる事で、自分が希望する職場を絞りこむ事が可能です。重要な条件である中高年歓迎の職場を探す事もできます。PCやスマホでいつでも情報をチェックできますし、気軽に登録できますのでアルバイト探しの敷居が低くなるでしょう。

在宅で稼げる「ライター」
在宅で稼げる「ライター」

シニア世代の方には人生経験を生かせるアルバイトをしてみる事もおすすめです。在宅で始める事ができるライターの仕事もそのひとつです。ライティングのアルバイトはある題材について、自分の知っている知識をもとに記事を書いたり、解説をしたりする仕事です。人生経験が豊富なシニア世代は若い世代よりも題材に対して知識がある事が多いので、有利に仕事ができるかもしれません。統一性のある記事を書くことができると定期的に仕事を受ける事ができるでしょう。

企業からの熱い視線
企業からの熱い視線

現在シニアをアルバイトとして採用したいという企業が増えています。若者だけでは現場が回らなくなっているのが現状で、それがシニアを採用するきっかけになったと考えられます。しかし実際に採用してみると、社会経験が豊富なため教育コストがかからない事がわかったり、早朝などのシフトの穴を埋めてくれたり、職場の雰囲気を良くしてくれる事がわかりはじめました。今後もますますシニアを採用したいという企業が増えていきそうです。